FC2ブログ

CB400SF整備・カスタム内容まとめ

本田技研工業の誇るブランド、CBシリーズーーー
CB400SFはその長い歴史の転換点となったPROJECT BIG-1の送り出した一台です。
伝統の直4を現代化した400cc水冷DOHC直列4気筒エンジンを搭載し、1992年に世に送り出されて以来幾多のモデルチェンジの中でHYPER VTEC搭載、インジェクション化、出力向上が行われ今も進化を続けています。
400ccという日本人に合った車格、官能的なエンジン音、使い切れるパワー、ツーリングに便利な積載性、素直なハンドリングは完成度が高く、改良が加えられても登場時からスタイリングが変化していないのはこれが唯一無二のスタイリングであるためです。
教習車として使われていることはその裏付けであり、多くのライダーにとって最初に乗ったバイクになっているのではないでしょうか。

私の持っているCB400SFはそんな長い歴史の中でもキャブ最終型となるNC39型、CB400SF HYPER VTEC SPEC 3となります。
ここではそんなCB400SFの整備・カスタムの記録をここに残します。

☆整備記録
☆カスタム記録


スポンサーサイト

CB125T整備・カスタム内容まとめ

本田技研工業の誇るブランド、CBシリーズーーー
CB125Tはその長い歴史の始まりであるベンリイCB92スーパースポーツの心臓、125cc空冷SOHC並列2気筒エンジンを引き継ぐスーパースポーツバイクです。
1959年のCB92発売から何度か名前を変えスタイルを変え1982年にフルモデルチェンジされてCB125Tとなり、2003年に惜しまれつつ生産中止となった後にも本格的なスポーツバイクとして時にメイン車として、時にサブ車として広く愛されています。
また、まだバイクが実用車として扱われていた頃に設計されており懐が深く、日常の足からサーキットユースまでオーナーによってその使われ方、カスタムは千差万別です。

私の持っているCB125Tはそんな長い歴史の中でも1982年式から何度かのマイナーチェンジを経た93年式のモデル、外装のデザインから通称「筆T」です。
ここではそんなCB125Tの整備・カスタムの記録をここに残します。

☆整備記録
CB125T タイヤ交換チャレンジ
CB125TフロントブレーキOH
CB125T納車整備終了宣言~10万円で乗り出せるバイク~

☆カスタム記録
CB125T全灯火LED化
CB125Tサイドケース取付でフルパニア化

川崎発、多摩川源流を目指す旅(ツーリング編)

こんばんは、Operaです。

何年かぶりに多摩川源流探しのために登山に行ってきたのでブログにまとめておきます。
写真の枚数が多いのでツーリング編と登山編の2つに分けます、まずはツーリング編です。

1.河口から22km:新多摩川大橋

スタートは家から近い第三京浜道路が通る新多摩川大橋です。
残念ながら我が愛車のCB125Tは無慈悲は排気量制限により通ることは叶いません。

PK7_0057.jpg

あいにくあまり天気が良くはありませんが、仕方ありませんね。

PK7_0055.jpg

2.河口から30km:二ヶ領上河原堰堤
新多摩川大橋より少し北上したところに二ヶ領用水へと水を引き込むための二ヶ領上河原堰堤があります。
二ヶ領用水とは徳川家康がかつての稲毛・川崎領に農業用水を行き渡らせるために作らせた広大な用水路です。
その後は都市の発展とともに工業用水としても用いられ現代には市民の憩いの場として親しまれています。

PK7_0058.jpg

この堰は高低差こそほとんどありませんが、その幅な数百mにもなりかなりの規模のものです。

PK7_0061.jpg

手前の門は水量の増加により開くようです、大雨が降ったときにはその光景を見ることができるでしょう。

PK7_0065.jpg

二ヶ領用水への引き込み口には手動の水門が設けられていました。

PK7_0066.jpg

外形から察するに内部はギアボックスになっているようです、ハンドルを回したら水門が開くのでしょうか。
触ってはいけないのは重々承知ですが回したくなってしまいますね。

PK7_0068.jpg

この水門の後にももう一つ水門がありました。
二重で水門を設けているのは間を溜め池的な運用をするためでしょうか。

PK7_0067.jpg

3.河口から45km:立日橋
二ヶ領堰からまた少し走ると多摩モノレールが多摩川を渡るための立日橋が現れました。
軌道桁のゴツさが目立ちますね。

PK7_0076.jpg

4.河口から53km:滝山城跡
道が川沿いから離れてしまい困っていると滝山城跡へと迷い込みました。
ここまで来ると川の雰囲気も田舎らしく変わってきます。

PK7_0079.jpg

かつてはここに北条氏政の滝山城があったようです。
写真に写っている紹介パネルによるとここで武田信玄相手に善戦したと書いてありましたが、実際にはそうでもなかったようです...

PK7_0086.jpg

5.河口から68km:和田橋
かなり上流までやってきました。
まだまだ川幅は広いですが、滝山城付近の川幅に比べるとだいぶ狭くなってきています。

PK7_0091.jpg

川の水の透明感がもう多摩川とは思えません。
これだけ綺麗だともう泳いでもいいぐらいじゃないでしょうか。

PK7_0093.jpg

6.河口から84km:白丸ダム
更に上流へと遡るとダムが現れました。
東京都交通局の発電用ダムのようです。

IMG_20190512_101844.jpg

このダムの面白いところは魚道が設置されており、しかもそれを見学できることです。
写真の左側に写っているものがそれです。

PK7_0097.jpg

魚道までは螺旋階段を下ることでアクセスすることが出来ます。

PK7_0099.jpg

魚道が地下というか岩盤と言うか、その中に入っても構造は表に出ている部分と同じようです。

PK7_0100.jpg

この一つ一つのブロックが魚にとっての休憩場所として設置されているようです。

PK7_0101.jpg

少し登るとまた構造が変わってきました、ここでは水路に衝立が連続しており、その下側が空いていて魚が通ることができるそうです。

PK7_0104.jpg

ちなみに、螺旋階段を20mほど下り、出口ではその分また登る羽目になりました。
ダム見学に階段上りは避けられないようです...

7.河口から130kmぐらい?:作場平橋駐車場
奥多摩湖を超え、更に山梨方面へと走り林道へと逸れ、ついに登山口である作場平橋駐車場にたどり着きました。

IMG_20190512_114328.jpg

バイクとはここでお別れで、ここからは自分の足で進んでいきます。

PK7_0107.jpg

次回は登山パートとなります、ここまでは平和に進みましたがこの後に随分と痛い目に遭いました...

CB125Tに中華シーソーペダルを取り付け

こんばんは、Operaです。

ビジバイについている装備といえば何でしょうか。
レッグシールド、風防、キャリア...色々とありますが、その1つとして革靴でもバイクに乗れるシーソーペダルがあるのではないでしょうか。
そこで、CB125Tをビジバイ仕様に仕上げていくためにタオバオで売っていた中華シーソーペダルを取り付けてみました。

とりあえず、既存のシフトと入替えてみたら軸には収まりました。

IMG_20190518_093557.jpg

シーソーペダルにはシフトの軸部品までセットで付いてきましたが、こちらは長さが合わなかったので純正品を使いました。
写真はニコイチしたあまりの分です。

IMG_20190518_093600.jpg

これでポン付け完了かと思われましたが、これは中華部品そうはうまくいかない。
案の定かかと側のシフトがステップに干渉してしまいダメでした。

そこで、伝家の宝刀「削ってポン付け」です。
ステップに干渉する部分を大胆に削りまくりました。

IMG_20190518_132040.jpg

これだけのクリアランスが確保できればステップへの干渉は起こりません。

IMG_20190518_132044.jpg

そして、これだけ削ってしまうと剛性が足りないのでバーナーで炙って申し訳程度に焼入れを施しました。

IMG_20190518_141407.jpg

結局ポン付けできると思って買ってみた結果散々グラインダーで削る羽目になりましたが、なんとか取り付けることができました。
削りすぎて細くなってしまったので剛性が足りなくて曲がってしまうのではないか?と思っていましたが、今のところは大丈夫そうです。
取り付けるには苦労しましたが、これでスニーカーで乗っても靴が削れることもなく満足度は高いです。
やはりCB125Tはおもちゃバイクとして最高ですね。

CB125Tの外装載せ替え&カブ用風防取り付け

こんばんは、Operaです。

CB125Tの外装を載せ替えたりクソでかい風防をつけたりしたので報告します。
同時並行的に行っていたので写真の時系列はバラバラですが気にしないでください。

目次
1.はじめに
2.風防取り付け
3.外装載せ替え
4.インプレッション

1.はじめに

まず、風防については武蔵野ガレージセールでステー付きのカブ用の風防を発見したのが始まりでした。
程度はそこまで悪くもなく、聞いたところ1000円でいいとのことだったのでとりあえず拾ってしまいました。
IMG_20190407_170219.jpg

そして、外装については初期型の赤銀の外装+アルファのセットがヤフオクに出ていてお手頃価格だったのでうっかり手が滑ってしまいました...

IMG_20190430_125532.jpg

そんなこんなでどちらも完全なる衝動買いで手に入れてしまいましたので折角なので使うことに。

2.風防取り付け

元々このカブ用の風防はハンドルにクランプを取り付け、そこに先端がねじ山になっているL字棒を取り付けることで固定することになっているのでそれを真似てハンドルに取り付けようかと思いましたが、CB125Tの場合は特徴的なお弁当箱メーターが大きすぎてハンドルへの取り付けは断念しました。
写真はとりあえず適当に乗っけてみたものです。

IMG_20190407_170300.jpg

その代わり、ヘッドライトのステーの幅と取り付け用のL字棒の間隔がほぼ一致したのでこちらに取り付けることにしました。
こちらへの取り付けについてはズームすると分かりますがヘッドライトの止めネジに共締めでL字アングルを挟み、そこにL字棒を取り付けただけのシンプルな形で固定することが出来ました。

IMG_20190503_104412.jpg

しかしながら...でかい...でかすぎる...
見た目が不格好なだけならまだしもあまりに風防が大きすぎて暑い日に走ると首周りどころかヘルメットまで体全体に全く風が流れず暑かったのでもう少し短くすることに。
ヘッドライトに被るまで風防のマウント位置を下げて実用的な風防高さの試験を行い、不要部分は切り取ってしまいました。
無論、切り取っただけだと風防の取付金具が付かないのでそのための穴あけも行いました。

D6Q-LmUUUAAcLc_.jpg

3.外装載せ替え

外装載せ替えなんて現代のネイキッドでさえ複雑に部品分けされたバイクならいざしらず、この時代でしかもネイキッドなら基本的にはFフェンダー、タンク、サイドカバー、テールカバーを交換してしまえばそれで終わりです。
それで終わりで記事にするまでもなかったはずですが、トラブル箇所だけ書いておこうと思います。

まず、タンクについては若干サビが有りました。
あまり程度が酷くはないのと、作業当時は激しい金欠だったのでお手軽な価格で買えるクレのラストリムーバーを使うことに。

D5ihYD4WwAA0KES.jpg

ラストリムーバーの使用手順は簡単で、まずはラストリムーバーをタンクに投入し次にいい感じにサビが取れてきたらお湯を追加投入し反応を促進しつつ薄めます。
これで一通りサビが取れたらあとは薄まったラストリムーバーを捨てるなり抜き取って保管をし、中性洗剤でタンク内部を洗浄して終わりです。
無論、洗ったところで放置すると一瞬でサビが発生するので洗ったら即乾燥&556などを吹きかけて防錆処理を行います。
ラストリムーバーはたったの900円程度で買えましたが、ラストリムーバー数本分の錆取り剤になると錆の発生防止剤も入っており面倒な防錆処理を行わずとも錆取り剤を投入して抜くだけで全工程が終了するのでお金に余裕があればそちらを使ったほうが賢いかと思います。

そして、ラストリムーバーの他にも問題があり、テールカバーの爪(指で指しているやつ)が左右両方とも割れていました。
これについてはとりあえずプラモデル用接着剤で付けてみたところ、それが正解だったらしく問題なく接着することが出来ました。

IMG_20190503_101716.jpg

あとは既存タンクからのガソリン移しが若干面倒でした。
どうするかいくつか方法は考えましたが、結局一番シンプルな手法でチューブを使って移行先のタンクにガソリンを移すことに。

IMG_20190503_111002.jpg

また、初期型限定の装備の一つであるホーンカバーについても外装セットに含まれており、折角なので取り付けようかと思いましたが純正から換装してある丸目ヘッドライトに干渉してしまいました。

IMG_20190503_130630.jpg

これについては適当なステーを介して取り付け位置を若干下げることで対処しました。

IMG_20190503_155650.jpg

4.インプレッション

そして完成したのがこちらです。

D6RMu8oV4AEYJHb.jpg

赤銀外装はスポーティーな雰囲気がマッチしておりビジバイ風には合わないのでは?と思っていましたが、いざ載せてみると最高にマッチする形になり旧外装で感じていた違和感が全て吹き飛びました。
また、謎装備だと思っていたホーンカバーもフロントフォーク周りの細さが目立たずワンランク上の車格になったような(当社比)雰囲気となりました。

切って小型化した風防については結果として胸には全く風は当たらず、首周りには心地よく流れ、ヘルメットはシールドを開ければ風が入ってくるような完璧な大きさの風防が完成しました。
車体のサイズに合っており、芸術点も悪くはないですね。

そんなこんなで、ただでさえ93年式、製造は推定96年のバイクにアンチアンチエイジングで82年式、製造も恐らく最初期=82年の外装が取り付けられました。
外装も風防もどちらも衝動買いでしたが、大変満足度の高い衝動買いだったのでこれに懲りず今後もこのような浪費が続けられるものと考えられます。
プロフィール

おぺら

Author:おぺら
昔は電子工作をやっていましたが今はバイクいじりブログです。
CB400SF(NC39キャブ最終型)とCB125T(93年式)に乗って整備したりガバカスタムしたりします。

最新記事
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる