FC2ブログ

CB400SF整備・カスタム内容まとめ

本田技研工業の誇るブランド、CBシリーズーーー
CB400SFはその長い歴史の転換点となったPROJECT BIG-1の送り出した一台です。
伝統の直4を現代化した400cc水冷DOHC直列4気筒エンジンを搭載し、1992年に世に送り出されて以来幾多のモデルチェンジの中でHYPER VTEC搭載、インジェクション化、出力向上が行われ今も進化を続けています。
400ccという日本人に合った車格、官能的なエンジン音、使い切れるパワー、ツーリングに便利な積載性、素直なハンドリングは完成度が高く、改良が加えられても登場時からスタイリングが変化していないのはこれが唯一無二のスタイリングであるためです。
教習車として使われていることはその裏付けであり、多くのライダーにとって最初に乗ったバイクになっているのではないでしょうか。

私の持っているCB400SFはそんな長い歴史の中でもキャブ最終型となるNC39型、CB400SF HYPER VTEC SPEC 3となります。
ここではそんなCB400SFの整備・カスタムの記録をここに残します。

☆整備記録
☆カスタム記録


スポンサーサイト



CB125T整備・カスタム内容まとめ

本田技研工業の誇るブランド、CBシリーズーーー
CB125Tはその長い歴史の始まりであるベンリイCB92スーパースポーツの心臓、125cc空冷SOHC並列2気筒エンジンを引き継ぐスーパースポーツバイクです。
1959年のCB92発売から何度か名前を変えスタイルを変え1982年にフルモデルチェンジされてCB125Tとなり、2003年に惜しまれつつ生産中止となった後にも本格的なスポーツバイクとして時にメイン車として、時にサブ車として広く愛されています。
また、まだバイクが実用車として扱われていた頃に設計されており懐が深く、日常の足からサーキットユースまでオーナーによってその使われ方、カスタムは千差万別です。

私の持っているCB125Tはそんな長い歴史の中でも1982年式から何度かのマイナーチェンジを経た93年式のモデル、外装のデザインから通称「筆T」です。
ここではそんなCB125Tの整備・カスタムの記録をここに残します。

☆整備記録
CB125T タイヤ交換チャレンジ
CB125TフロントブレーキOH
CB125T納車整備終了宣言~10万円で乗り出せるバイク~

CD125K4整備・カスタム内容まとめ

本田技研工業の誇るブランド、CDシリーズーーー
汎用のビジネスバイクとして絶版になって尚衰えぬ人気を持つCDシリーズですが、CD125はその長い歴史の始まりの一台です。
世界初の125cc空冷SOHC並列2気筒エンジンを搭載したC90の後継としてCB/CL/CD125の3機種が同時で発売され、その中でもCD125は無類のタフネスを誇るエンジンを持つ商用車として高い実力を発揮し世で広く使われていました。
50年も前のオートバイなのにも関わらずオークションには度々部品が出品されていることからも当時どれだけ人気であったかその片鱗を覗くことができます。
CD125は後のCD125Tとなるまでに何度もマイナーチェンジを繰り返しており、K1~K6と年式により少しずつ改良が加えられています。
大きな違いとしてK3となるとフレームにアンダーチューブが追加されセミダブルクレードルフレームとなり、エンジンが前傾エンジンからほぼ直立のエンジンとなります。
K5となるとエンジンのカムシャフトカバーの形状が変化し空冷フィンが追加されます。

私の持っているCD125はその中でもK4にあたる年式で、オークションなどでもよく見る年式となっています。
ここではそんなCD125K4の整備・カスタムの記録をここに残します。

☆公道復帰記録
CD125K4公道復帰計画~ステムベアリンググリスアップ編~
CD125K4公道復帰計画~フロントフォークOH編~
CD125K4公道復帰計画~タイヤ交換編~
CD125K4公道復帰計画~燃料コック修理編~
CD125K4公道復帰計画~電装編~
CD125K4公道復帰計画~車体の変化と金額まとめ~

☆整備記録

☆カスタム記録

CD125K4公道復帰計画~車体の変化と金額まとめ~

こんばんは、Operaです。
長くに渡ったCD125K公道復帰計画もとりあえず一区切りがついたのでまとめます。

これまで、納車整備として
・キャブOH&セッティング
・マフラー修理
・エンジン内部清掃や各所調整
・燃料供給系修理
・フロントフォーク修理
・タイヤ交換
・電装系修理
・各所注油
・ヤフオクやガレージセールでの部品調達
などを行ってきました。
内容がかなり多く、結局このバイクを起こすためにかなりの日数がかかってしまいました。
購入したときが2019年6月下旬でしたが、問題なく走るようになり仕様が落ち着いたのは2019年12月を過ぎてからでした。
もっとも、落ち着いてからは他のバイクの不調もあり大学通学マシンとしてバリバリ働かせましたが...

購入時と現在の状態を比べるとまだまだボロいですが最初のゴミ同然の部品取り車の状態から比べるとだいぶまともになったものです。

購入時(2019年6月頃)

IMG_20190728_140645.jpg

初の公道復帰時(2019年9月頃、後にエンジン不調が発生し修理しながら最終的には押して帰宅を経験し苦しい修理時期へ...)

IMG_20190827_182028.jpg

現在(2020年3月撮影、白煙は吹くものの動作は好調)

IMG_20200402_110016.jpg

現在の状態に至るまではまだ紹介していない部品の取り付けなども行っています。
これらはカスタムとして今後書いていきたいと思います。

かなり手間は掛かりましたが、やはり50年も前の2世代上の人達が乗っていたようなオートバイに乗ることはロマンがありとても満足度は高いです。
特に、1960年代のオートバイというのは更に古いものと比べるとそこそこ品質が安定していて性能も向上しており、旧車初心者が手を出すにはハードルが低くやりやすかったです。
2020年4月現在はエンジンの腰上OHなども行っており、その記録も後々は残していこうと思います。

最後に、このオートバイを公道復帰させビジバイとして求められる最低限の装備を揃えるまでに掛かった金額をまとめます。

キャプチャ

車体が17k、追加購入の部品が51k、自賠責が10kの合計78kで動かすことができました。
最初は部品取り車同然の状態でしたが、そこから新品部品も使いつつこの額で実動にできたならばまあ悪くはなかったかなと思います。
ただ、欠品なし実動車でも10万円弱で落札されているので、お得だったかと言われるとそうでもないです。
ただ、50年も前のビンテージものに学生のお小遣いで乗れるならば十分にコストパフォーマンスは高いと思います。
修理のやりやすさと車体や部品の安さを考えると少なくともホンダ旧車の中では最も手軽なオートバイの一台ではないでしょうか。

折角直して今は一番愛着のあるオートバイなので、今後も大切に乗っていきたいと思います。

CD125K4公道復帰計画~電装編~

こんばんは、Operaです。
電装系(法規走行に必要なやつ)をいじった報告を書きます。

目次
1.ライト取り付け
2.ヘッドライトレンズ修理
3.ホーン修理


1.ライト取り付け

私がこの個体を入手したときにはライト類は一通り切れており文字通りゴミ状態でした。
また、リアのウィンカーに至っては欠品でついていおらずフロントのウィンカーも片方はライトカバーがついていませんでした。

EBHFietU0AATrXo.jpg

まず、ライトについては6Vのものを選びメーター周りからヘッドライトまで一通り新品交換しました。
ウィンカーについては純正が8Wのところを10Wに、ヘッドライトについては純正が25W白熱灯のところを30Wハロゲン灯にしました。
特に、ハロゲン灯はかなり良く6V電装という下手すると懐中電灯みたいな明るさの電装が真っ暗の道を走っても辛うじて50km/hほどでなら走行できるぐらいの明るさを得ることができました。
当然LEDにするのが一番明るくできますが、それ以外で6Vを明るくするならハロゲン灯一択でしょう。

また、欠品している部品については幸い近場で開催されているガレージセールで入手できました。
探せば出てくるもんですね。

2.ヘッドライトレンズ修理

入手当初、まずレンズの取り付け穴の片方でネジがネジ切れており、錆もあり完全に一体化し固着していました。
また、レンズ内に謎の接着剤だかなんだかの汚れ?が溜まっておりレンズが極めて汚い感じになっていました。

IMG_20190707_194532.jpg

まず、ネジについてはディスクグラインダーで表面をフラットにし、電動ドリルで穴を開け直しM4のタップを立てることで元の状態に戻すことができました。

次に、ライト内の汚れについてはパーツクリーナーを突っ込んでもあまり綺麗にはならず、仕方なくウエスを突っ込んで拭けるだけ拭き取りました。

3.ホーン修理

ホーンがボタンを押しても全く動かないので修理しました。
まず、サビきったネジをロッキングプライヤーで回して除去して分解します。

IMG_20190728_121010.jpg

見た目の割には中身は綺麗でした。
特に中身には触れる必要のある場所はないのでホーンの音色調整ネジだけ新品交換して組戻しました。

IMG_20190728_121624.jpg

あとは調整ネジを回しながら一番音量が大きくなるところに設定しました。

IMG_20190804_185111.jpg

これらにより電装系が生き返りました。
あまり細かくは書いてはいませんが、ヒューズ周りやギボシ端子など全体的に電装系の端子表面の酸化により接触不良を起こしている箇所が多くそのあたりの端子もそこそこ交換しました。

また、ホーンについては単体では直しても音量が微妙だったので6Vホーンを買い増して並列で接続し音量を確保しました。
そこまでするなら元のホーンは外してしまっても良いのですが、デザインが良いのでなかなか外す気にはなりません。
だって、写真のエキパイの取り出し口上の銀の円のがそれなんですよ。
オシャレじゃないですか。

プロフィール

おぺら

Author:おぺら
昔は電子工作をやっていましたが今はバイクいじりブログです。
CB400SF(NC39キャブ最終型)とCB125T(93年式)に乗って整備したりガバカスタムしたりします。

最新記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる