スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コイルガン連射参号機進展状況のようなもの(二度目)

こんばんはOperaです。
ブログのアクセス解析を見てみたら”コイルガン ZVS”などで調べて飛んできた方が多いみたいですね。残念ながらまだ僕はコイルガン向けのZVSドライバー+トランスを完成させていませんので全く答えにはならなかったでしょうね。このブログは工作支援ではなくて勝手に僕が自己満足で工作メモ代わりに書いてるだけなんで説明も無いし情報を得ることはできないと思います。

いやあ、春休みは工作が進む進む、コイルガン連射参号機はフレームがだいたい完成しました。また、前回の時点ではできてなかったプログラムですが完成しました。一日中工作ができるっていいですねぇ。
前回の記事に比べて回路は進展そんなしてないですけどフレームが進みました。フレームの材料は安定の塩ビ板+アルミアングルです。設計はメインフレームにスペーサで基板などを取り付ける方式ですね。
最初はこんな感じにほとんどできてなかったフレームですけど

20130324_131450.jpg

グリップ兼電池BOXがついて

20130324_141931.jpg

ストック兼バッテリーBOXがついて(バッテリー重くて腕がプルって写真がブレているなんて言えない・・・)

20130324_152310.jpg

制御基板とかZVSドライバー(未完成)+冷却用ファンとか三段のコイルとかがついて

20130326_185307~01

仮組みがだいたい終わりました。今のところ重量が5.2kg、全長602mm、幅220mm(ファン除くと84mm)、高さ167mmになってます。グリップのところに丁度重心になっているので片手でも持つことができます。一応そうなるようにとは思って設計しましたが、ちゃんと計算したわけでもなく適当に作ったのにうまくできていて自分でも驚いてます。

20130326_203605.jpg

見た目的にはこれ+マガジンって感じですかね。見ての通り連射において重要な弾丸の装填機構とかマガジンとかはまだ作ってないので。昇圧回路うまく動かないしとりあえずフレームだけでも作ろうと思っただけなのです。見た目は我ながらなかなかいいと思っているので、見た目に見合った性能を出せるといいなと思います。頑張ってZVSドライバーとかトランスと格闘して出力を出しますかね。
では、また今度。
スポンサーサイト

コイルガン連射参号機の回路

こんにちはOperaです。
春休み中クソ狭いマイルームに閉じこもって親にはひきこもりと言われながらも工作をすすめております。

春休みも1/3が終わった辺りでコイルガン連射参号機の制御回路が完成、高圧回路が半分ほど完成、昇圧回路がZVSドライバーは動いてるもののトランスが未完成、プログラムが調整中、フレーム手付かずといった感じに進展しております。
ここで作った回路の写真を適当に上げます。まずは制御回路から。
制御回路は二段になっていて、一段目はマイコンやコネクタ類、二段目はレギュレータやリレー類の基板になっています。
一段目

20130307_090101.jpg

マイコンの右側が入力コネクタ、左側が出力コネクタになっています。見ての通りスイッチや調整用VRを接続するための入力のコネクタが大量にあります。出力はそんなないんですけどね。裏側は察しの通りまあ大変なことになっております。
一段目と二段目の接続

20130309_143012.jpg

実際に搭載するときには一段目にさらにVRが3つ、スイッチが3つその他出力コードがついてコネクタ周りがとても窮屈になります。
高圧回路

20130307_230035.jpg

まだ配置しかしてなくて、配線はしていません。使い捨てカメラのコンデンサを一段目は6個、ニ、三段目は7個並列で繋いであり、合計20個(100Jほど)搭載します。
さっきまで制御回路に色々つなげてプログラムのテストをしていたのですが、うまくうごかなかったりそもそもPICがお亡くなりになって進まなかったり難航しています。自分に情報系は向かないとつくづく思います。プログラミングなんで嫌いだあああ!!

また、暇つぶしに電子工作指輪を作ったりしてました。
コンデンサ指輪とか

20130309_191307.jpg


抵抗指輪とか
20130309_191541.jpg

抵抗指輪ならいちいちうるさいする人には0Ωを、周りに流されやすい人には1MΩをみたいに抵抗値にメッセージを込めたりカラーコードにメッセージを込めたり色々できますね。
他にも、例えば水晶発振子をプレゼントすればクリスタルですよ!!リッチですねぇ。大切な人へのプレゼントに電子工作指輪はいかがでしょうか。
まあこんなくだらない遊びもしながらプログラム書いたり回路組んだりフレーム組み立てたりして頑張って4月の日本科学未来館での展示までには一応形にはしたいと思っています。
ではまた今度。

コイルガン連射参号機製作経過とか

こんばんはOperaです。
2月はテストで工作封印したりそもそもモチベ低かったりして圧倒的更新サボりでしたね(焦り

ええ、記事はタイトル通りです。
まず、コイルガンに搭載するために作ったZVSドライバーMk.Ⅱですが、電圧が低かったり素子が飛んだり不安定だったりしましたが最近やっと動くようになりました。回路自体は小さいのに勢いで買ってしまったFET冷却用のファンがでかすぎたりするのは気のせいです。あと、部室が散らかってるのも気のせいです。

20130301_141704-2.jpg

電源バラした時に出てきたインダクタを巻き直して簡易トランス作ってLEDつけたりして遊んでました。出力電圧が低かった原因はこの一次コイルの抵抗値が大きかったからみたいです。

20130227_182237.jpg

今度秋葉原でトロイダルコアを買ってちゃんとしたトランスを作ろうと思います。えっ、なんで今日買わなかったかって?店のページをろくに見ないで行ってみたら平日営業だったからです。

そうそう、昨日存在を聞きつけた12V5.3Ahのニカド電池を2つ買って来ました。

20130303_191041.jpg

サイズが165×120×35mmで、重量が1.6kg。一応新品価格が2万円ほどで、購入時には525円・・・どう考えても地雷ですね。まともに使えれば奇跡です。手元に秋月の鉛電池充電キットはあるんで充電時間計算すれば安全に充電はできるんですが、あいにく電源が部室で手元にないんで今は充電できないです。これがまともに使えるなら、コイルガン連射参号機の電源にする予定です。まともに使えなかったら諦めて予定通り12V7.2Ahの鉛電池を使用します。

コイルガン連射参号機の製作進展としては
・昇圧回路部
ZVSドライバーは完成。あとトランス作れば昇圧回路は完成
・制御部
プログラムチャートしか書いてないです進んでないです
・フレーム
材料すら揃ってないです

3月中の完成を目指してるんで3日の時点でこの状態でも問題ないでしょう。今後はとりあえず制御部と昇圧回路部を完成させて、動作の確認をしてからフレームを作って形にする予定です。なーにいくらでも時間なんてあるんだ簡単さ。プログラムの調整とか時間かかりそうですけどね。
では、また今度。
プロフィール

おぺら

Author:おぺら
強電から弱電まで狭く浅くやっています。
強電:コイルガン(充電&発射部)、テスラコイル
弱電:コイルガン(制御)、鉄道模型版PRC&CTC、マルチコプター

最新記事
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。