TOCOSの無線モジュは強い(雑記)

おはようございます、Operaです。
清々しい朝ですね、早起きは三文の徳といいますが眠気もなくまさにことわざ通りです。個人的には6-7時間睡眠が一番疲れがとれて後に眠気も残らない最適な睡眠時間かと思います。
というのも、前回の更新から三週間ほど課題とか試験とか課題とか課題とか部活とかでろくに寝れていなくって、それで遅くまで起きている癖がついてしまい夏休みに入っても続いていて昼夜逆転気味なのです。まあ逆転まではいってないし、位相が90度ぐらい遅れた感じかな?
夏休み前の一週間はほんと辛かったです、試験終わって満身創痍なところにさらに各種課題やらなんやらコンテストやらが積層して力尽きた。実際夏休み初日は疲労困憊で倒れてました。
ちなみにその積層した課題の一つに増幅回路設計があったんですが、そこで新たに部活で導入したオシロスコープを使ってみました。秋月に最近入荷された、OWONのSDS5032Eなんですがこれは便利ですね。

DSC_0509.jpg

まあデジタルオシロなら常識ですが、波形の各種値をパッと表示できて非常に便利です、操作も直感的にできて画面も大きくて見やすく値段的にもお手軽なのでおすすめです。
おっと秋月の回し者になってしまった、まあなにはともあれなんだかんだでやっと夏休みに入ったもんで趣味に時間を使えるってわけです。昼間は場所が確保できるからテスラコイルを、夜は無理なので今度はクアッドコプターの制御回路関連をいじっています。

テスラコイルはなんとなく新しい二次コイルを巻いてみました。

DSC_0534.jpg

VU100にφ0.5を1200ターンです、共振周波数は340kHzと高くなってしまいました。もう少し巻けばよかった...

DSC_0538.jpg

こちらのコイルは二層に巻いてあり、それにより直流抵抗が半分、浮遊容量が倍になって結果的に共振周波数が単層巻きの時よりも落ちるはずだったんですが、どうも二重巻きによる効果の後者の方がなかったようで落ちなかったです。前回作ったコイルでは予想通りそれが見られたので、恐らく巻き方の問題かと...うーんこれは痛い。ホームセンターに行ってアルミダクトを買わねば。

そうそう、この前秋葉に行った時に開いてないことで有名なaitendoでTOCOSの無線モジュのうちわ配ってました。

DSC_0497.jpg

この普段使いもできる感じなデザインでピンアサインが書いてあるという超実用的うちわ。暑い夏でもこのうちわを片手に無線通信回路の設計ができるわけです(?)。こんな感じに。

DSC_0521.jpg

今回使用したのはTOCOS TWE-Lite DIP(トワイライトと読むらしい)です。お値段1.6k。こちらの無線モジュールでクアッドコプター用の無線UART通信を試してみました。こちらのモジュールは買ってからそのままのファームだとUART通信に色々制約があるっぽいので、シリアル通信用のソフトに書き換えたほうが使いやすいです。というかそれやらんと使えなかった。やり方は全て公式サイトに書いてありますが、PCと通信するためUART-USB変換ケーブルがないとできないです。
TWE-Liteは使いやすいですね、自分でソフトを作ることもできるらしく、お手軽さをアピールしていますが上級者向けの機能もありよくできています。こういう取っ付き易くて奥が深いモノ大好きです。
あとはLCDをいじいじしたり。

DSC_0540.jpg

20文字で2行あると余裕があっていいですね、ここでは右上で電源電圧の表示をしています。aだかΩは加速度だったり角速度です。まだセンサーからの値を読む機能が実装されていませんがね。

まあ適当に作っています、いい加減テスラコイル動かせという話が各所から出ていて耳が痛いので頑張ります。また今度。
スポンサーサイト
プロフィール

おぺら

Author:おぺら
強電から弱電まで狭く浅くやっています。
強電:コイルガン(充電&発射部)、テスラコイル
弱電:コイルガン(制御)、鉄道模型版PRC&CTC、マルチコプター
最近はエンジン回して遊んでいます。

最新記事
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる