FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CB400SF(NC39)にNC42純正フロントフォークをつける

こんにちは、Operaです。

前回記事ではフロントフォークのオイル漏れのネタを次回予告に出しましたね。
漏れたときにはオイルシール交換でごまかすことも考えたのですが、元々インナーチューブのサビがストローク部分にはなくてもステム付近には大量発生しておりとてもアレなので元々ストックしていたNC42純正フロントフォークへの交換を決断しました。
今更ながらあのインナーチューブのサビじゃオイルシール交換しても傷つけずに入れるのがめっちゃ大変そう...

ということでとりえあず父親が2年前に購入しそのままストックしていたNC42純正フロントフォークをご開帳。
貼ってあった領収書を見たら3万円...まあ新品のフォークでこの値段なら結構安いですね。
親の金レーシング\マンセー/\マンセー/\マンマンセー/

DSC_0064.jpg 

ちなみにNC42の純正フロントフォークにはNC39にはついてないプリロードアジャスターがついているんですね、色もシルバーからブラックになっています。
NC39→NC42ではよりやんちゃ度が抑えられシックなデザインにまとまったイメージがあるので、この色変更もその一環だと思われます。
アジャスターに関しては折角ついてるのであとでサグ出しもやろうと思います。

1514596612103.jpg

今回作業は激しく手が汚れることが予想されたので大洗土産の自動車部手袋を装備です、これで実質女子高生。
さてメンタスタンドでケツを上げた後にパンタグラフジャッキで前輪を浮かせて作業に取り掛かりましょう。

DSC_0068_20180204140848008.jpg

まずはフェンダーを外します、前に交換したのでやり方は知っていましたが相変わらずフェンダーを軽く曲げないと外せないのは神経質になり苦労しました。

DSC_0069_201802041408505b2.jpg

次にブレーキキャリパーを外します、そのまま外してブレーキホースでブランブランさせると色々アレなのでホースが痛まないよう転がってたすずらんテープで吊るしました。

DSC_0070_201802041408511f9.jpg

反対側も同様に外します。
キャリパーを外せばタイヤを外す準備は整ったようなものです、早速割締めボルトを緩めてアクスルボルトを緩めます。

DSC_0071_20180204140853b88.jpg

で、これでアクスルシャフトを抜く準備は整いましたがタイヤまわりのカラーの向きを忘れるとアレなので事前に撮っておきます。

DSC_0072_201802041408299a4.jpg

進行方向右側のほうがカラーが若干長いんですね、理由は知りません。というかこれタイヤのセンターとか大丈夫なのかな...ホイールが左側のほうが短くてセンターは出るのかな。

DSC_0073.jpg

まあそんなこんなでタイヤは無事外せました、ホイール単体の方はブレーキディスクがついててかっこいいですが車体本体の方はフォークが突き出てるだけでダサいですね。

んで、これで邪魔者がいなくなったので本題のフロントフォーク取り外しになります。

DSC_0074_201802041408325f9.jpg

とりあえずアンダーブラケットの割締めボルトを緩めようとしましたが、こちらはホーンを外さないとダメでした。

DSC_0075_20180204140833a9c.jpg

そしてトップブリッジの割締めボルトも緩めるとフォークが外せます、というかするっと落ちます。
先にトップブリッジから外したほうがフロントフォークを抑えやすくてよかったですね。
ちなみにこの時タイヤを外しやすいようジャッキアップはタイヤが地面に当たるか当たらないかぐらいでやっていたのですが、それではフォークを抜ききることが出来ませんでした...
タイヤを抜くときは諦めて最初から高めに上げておいたほうが良かったです。

DSC_0076_20180204140835652.jpg

フロントフォークがないと事故車感が激しいw

このままだと事故車になってしまうので新しいフォークを入れていきます。
まずはアンダーブラケットやトップブリッジのフォークが通る穴をきれいにしたいのですが...

DSC_0077.jpg

案の定こちらもサビていたのでペーパーを掛けてきれいにします。
錆があると移るというのもありますが、フォークを入れる時に錆による凹凸があるとインナーチューブに傷つきそうですよね。

そして、インナーチューブと先程ペーパーを掛けた差し込み穴をパーツクリーナーで脱脂したのち新しいフロントフォークを入れます。

DSC_0078.jpg

実はフロントフォークを入れる時に左側は若干入りづらかったんですよね、転倒歴も車体の傷を見ると初代オーナーの時から何度かあったようなので若干アンダーブラケットが歪んでいる気もします。
走行時も手を離すとハンドルの振れがあります、手を添えてれば止まるので気になるものではありませんが。
ここでインナーチューブをこじって強制的にブラケットを曲げてもいいのですが(いいのか?w)下手な修正をやっても仕方がないのでそのまま組みます。

DSC_0079.jpg

フロントフェンダーをつけて

DSC_0080.jpg

タイヤをつけます。
また、タイヤを付けるときにはカラーとアクスルシャフトにグリスをつけておきました。
貧弱クソオタクなので重いホイールを持ちながらアクスルシャフトを通すのに苦労した覚えがあります。

あとはキャリパーつけてアンダーブラケットとトップブリッジの割締めボルトを締めて終わりです。

DSC_0086.jpg

黒のフロントフォークはいいですね、壊して在庫がなかったから選んだ黒のフェンダーともよく合います。
また、このあと適当にサグ出しをしましたが結局出荷状態のプリロードがフルストロークの1/3のサグでちょうど良かったです...俺の努力は一体...

DSC_0087_201802041408440d4.jpg

本日お世話になった大洗女子学園自動車部手袋は結構汚れてしましました、でもこっちのほうが劇中っぽいかも。

交換の結果としてまず当然としてオイル漏れは発生しなくなりました。
しかしながら、ハンドルのブレは直らずそのままです...やっぱりアンダーブラケットが歪んでるっぽいですねぇ...
まあもはやそんなに市場価値がある車体でもないのでそのあたりは目をつぶって乗りつぶしたいと思います。

さて、では今回は交換が終わったのでまた今度としたいところですが実は一件やっちまいをしたので次回予告をしておきます。

次回予告

オペラです。
新品のフロントフォークはよく動いて走りやすいですね、頑張って替えた甲斐があったものです。
ですが、世の中うまくいくものではありません。
さて次回は
「オペラ、フラグを立てる」
「交差点で散る日」
「保険等級はいくつに?」
の三本です。
スポンサーサイト
プロフィール

おぺら

Author:おぺら
強電から弱電まで狭く浅くやっています。
強電:コイルガン(充電&発射部)、テスラコイル
弱電:コイルガン(制御)、鉄道模型版PRC&CTC、マルチコプター
最近はエンジン回して遊んでいます。

最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。