ZVSドライバーMk.Ⅱが動いた気がする

こんばんはOperaです。
ここ最近更新ペースが遅いですね。というのも工作していないからなんですがwwwそして今日やっと回路が動いたので更新です。動いたのはコイルガン連射参号機の心臓部となるZVSドライバーMk.Ⅱです。

20130117_122651.jpg

今回コイルガンに搭載することを前提に設計したので、メイン基板はなかなか小さく収まっています。横幅は40mm切っていて35mmほど、縦が95mmほどです。写真だとコンデンサ以外が全て外れていますが、FETやインダクタ、出力用コイルを端子台につけて使います。部室では適当にリッツ線もどきを作ってIHやって遊んでました。

20130122_172841.jpg

FETの発熱はまあまあで、ヒートシンクをなんとか触れるって程度に収まっています。コイルガンに搭載する時にはでかさは正義ということでこのヒートシンクではなくCPUファンを使う予定です。今後共振用コンデンサは基板を二段にして下にのせたり、適当に分解もののトランスを元に自作トランスにチャレンジしてみたりする予定です。適当に作ったトランス通して500W出ればいいんですがねぇ・・・。

まあという感じです。これでコイルガン連射参号機の完成に一歩近づきました。今後も色々作っていって、完成を目指します。ではまた今度。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

雑すぎワロチ

Re: No title

> 雑すぎワロチ

雑としか書かれないと何が雑なのかわからなくて改善のしようがないですねぇ。
よかったら具体的にどこが雑なのか教えていただけませんか?140文字以内でまとめていただけるとありがたいです。

Re: Re: No title

FETが発熱しているのならゲート直列抵抗を470Ωよりも小さくするべき
MOS-FETのゲート容量に対してゲート直列抵抗の値が大きいためにライズタイムが長すぎて
MOS-FETが中途半端にONの状態が長くなる

MOS-FETのRdsが増加

発熱
となっていることが考えられます。試しにゲート直列抵抗を下げては?

Re: Re: Re: No title

> FETが発熱しているのならゲート直列抵抗を470Ωよりも小さくするべき
> MOS-FETのゲート容量に対してゲート直列抵抗の値が大きいためにライズタイムが長すぎて
> MOS-FETが中途半端にONの状態が長くなる
> ↓
> MOS-FETのRdsが増加
> ↓
> 発熱
> となっていることが考えられます。試しにゲート直列抵抗を下げては?

FETのゲート直列抵抗が大きすぎるってのは気づかなかったですね。ご指摘ありがとうございます。試しに100Ω程度にしてみます。

No title

なんだか、端子台からの禍禍しさを感じます(笑)

 ZVS回路の寄生インダクタンスを減らす様に設計したらサージが減るため、発熱は減ると思います。
抵抗の電力容量も上げた方が、発熱が少ないです。

 電圧を上げてみてはどうでしょうか?その方が、電力を上げても、電流の容量は、上がらないため、500Wでも発熱、または、電流への対策をあまりしなくてもよくなります。如何でしょうか?

Re: No title

> なんだか、端子台からの禍禍しさを感じます(笑)
>
>  ZVS回路の寄生インダクタンスを減らす様に設計したらサージが減るため、発熱は減ると思います。
> 抵抗の電力容量も上げた方が、発熱が少ないです。
>
>  電圧を上げてみてはどうでしょうか?その方が、電力を上げても、電流の容量は、上がらないため、500Wでも発熱、または、電流への対策をあまりしなくてもよくなります。如何でしょうか?

ご指摘ありがとうございます。端子台はFET用の端子台もっと小さいのでよかったななんて後から思ってますけどもう遅い。寄生インダクタンスは考えずに設計していたので確かにそれも影響しているかもですね。自分も電力そのまま電圧上げるのは素子死亡対策や発熱対策としていいとは思っていますけど鉛蓄電池で動かすことがメインなのでそれはできませんね。一応現時点で安定化電源を使い駆動できるものの鉛蓄電池を使うと突入電流で素子が吹っ飛ぶのでポリヒューズをつけたり素子を変えたりして電流対策は工夫してみます。
プロフィール

おぺら

Author:おぺら
強電から弱電まで狭く浅くやっています。
強電:コイルガン(充電&発射部)、テスラコイル
弱電:コイルガン(制御)、鉄道模型版PRC&CTC、マルチコプター

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる