コイルガン連射参号機進展状況のようなもの(二度目)

こんばんはOperaです。
ブログのアクセス解析を見てみたら”コイルガン ZVS”などで調べて飛んできた方が多いみたいですね。残念ながらまだ僕はコイルガン向けのZVSドライバー+トランスを完成させていませんので全く答えにはならなかったでしょうね。このブログは工作支援ではなくて勝手に僕が自己満足で工作メモ代わりに書いてるだけなんで説明も無いし情報を得ることはできないと思います。

いやあ、春休みは工作が進む進む、コイルガン連射参号機はフレームがだいたい完成しました。また、前回の時点ではできてなかったプログラムですが完成しました。一日中工作ができるっていいですねぇ。
前回の記事に比べて回路は進展そんなしてないですけどフレームが進みました。フレームの材料は安定の塩ビ板+アルミアングルです。設計はメインフレームにスペーサで基板などを取り付ける方式ですね。
最初はこんな感じにほとんどできてなかったフレームですけど

20130324_131450.jpg

グリップ兼電池BOXがついて

20130324_141931.jpg

ストック兼バッテリーBOXがついて(バッテリー重くて腕がプルって写真がブレているなんて言えない・・・)

20130324_152310.jpg

制御基板とかZVSドライバー(未完成)+冷却用ファンとか三段のコイルとかがついて

20130326_185307~01

仮組みがだいたい終わりました。今のところ重量が5.2kg、全長602mm、幅220mm(ファン除くと84mm)、高さ167mmになってます。グリップのところに丁度重心になっているので片手でも持つことができます。一応そうなるようにとは思って設計しましたが、ちゃんと計算したわけでもなく適当に作ったのにうまくできていて自分でも驚いてます。

20130326_203605.jpg

見た目的にはこれ+マガジンって感じですかね。見ての通り連射において重要な弾丸の装填機構とかマガジンとかはまだ作ってないので。昇圧回路うまく動かないしとりあえずフレームだけでも作ろうと思っただけなのです。見た目は我ながらなかなかいいと思っているので、見た目に見合った性能を出せるといいなと思います。頑張ってZVSドライバーとかトランスと格闘して出力を出しますかね。
では、また今度。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おぺら

Author:おぺら
強電から弱電まで狭く浅くやっています。
強電:コイルガン(充電&発射部)、テスラコイル
弱電:コイルガン(制御)、鉄道模型版PRC&CTC、マルチコプター

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる