電子工作入門~第一回準備編~

こんにちは、Operaです。
電子工作始めたいと言ってる友人とか後輩育成向けに入門記事を書こうかと思います。適当なコーナーなので知ってる人はバカが知ったかぶりして玄人ぶってるとでも思ってくだされ。

ええ、第一回の今回は電子工作をするのに何が必要か、気になる初期費用などを解説しようかと思います。
まず、電子工作には工具や道具などが必要となりますね。必要な必須品を並べてみましょう。紹介するのは入門に最適なグレードのお安いものです。ですが、その前に、これは秋葉の場合になりますが売っているお店を紹介します。

秋月電子
秋葉で部品を買うならだいたいここが一番安いです。品揃えも多く、大抵の電子部品はここで揃うかと思いますが、店が狭いゆえに人で溢れてるのが玉に瑕ですね。

千石電商
こちらは値段こそ秋月より高いものの秋月では手に入らないものも売っています。工具やコネクタ、導線などはこちらですね。本店2号店3号店とあります。それぞれ売っているものの種類が違います。大抵の場合は本店だけで間に合うでしょう。

大抵の部品はこの2つの店で揃うかと思います。同じ通りに1つ店を挟んで並んでいるので片方見つければもう片方もすぐ見つかるでしょう。通販もしているので直接行けない人でも大丈夫です。どちらの店も最初はどこに何があるかわからないと思うので、分からなかったら店員さんに聞いてみるといいでしょう。他の店を紹介するのは面倒なのであとは適当に自分で調べたり現地に行って探してみたりしてください。また、部品を買う際には数が多く細々していて忘れてしまうので、お買い物リストを作ってくるといいでしょう。買う店、部品名、1個の値段、個数、計を並べて印刷しておくとお買い物が楽ですね。スマホにデータを入れるのは案外不便なのでおすすめしません。
では、本題の必須品紹介です。

・はんだごて
電子工作の必須技術、ハンダ付けはコレがないと始まりませんね。まずは1000円以内で買える安いものを選ぶといいと思います。ものによって電力(発熱)が違いますが、まずは30Wのものを買っておくといいでしょう。自分の知っている限りだと1000円以内で買える30Wはんだごてで有名ドコロはgootのKS-30RHAKKO RED 501ですね。個人的には後者のほうがコテ先の質がいいのでお勧めです。どちらも秋葉原で適当に店を歩いていれば見つかると思います。

・こて台
はんだごてはその熱ではんだと呼ばれる金属を溶かして部品を接着します。そのため、先っぽが熱くなるわけで置き場所が必要になります。それがこて台です。こて台は大抵一緒にスポンジがついています。はんだづけをしているとはんだごてのこて先にはんだがくっついたりしてしまうので、それを落とすためにスポンジにこすりつけます。おすすめのこて台はgootのST-75,ST-11です。どちらも1000円以内で購入できます。秋月で買うのが安いかと思います。

・はんだ吸い取り器
はんだづけで失敗して部品を外したい場合、はんだを吸い取る必要がありますが、その際にはんだ吸い取り器を使うと便利です。はんだ吸い取り線というものもありますがあれは使いづらいので断然こっちですね。500円程度で売っています。特におすすめのものなどはないので適当によさそうなやつを買うといいでしょう。

・クリッパー
これは必須でありませんが、とっっっても便利なのでおすすめします。文面で説明するのは面倒なので写真をどうぞ。こんなんです。千石の本店入ったとこすぐに並べてありますね。一番安いものなら800円程度で買えます。他にも細かい作業用のレンズ付きや手が多いモデルもあるので用途と好みとお財布の中身に合わせて買うといいでしょう。

・テスター
小学校の理科の実験で電圧計や電流計を使ったと思いますが、テスターなら電圧計に電流計、さらには抵抗計が全部1つに入っています。電気というのは眼に見えないものなので、これが回路に対する自分の眼になります。デジタルとアナログがありますが、アナログのほうがおすすめです。デジタルだと400円、アナログだと1000円ちょっとしますがそれだけのお金を払う価値があります。秋月や千石、他にも秋葉の各店で売っているので気に入ったものを買うといいでしょう。テスターの使い方は後ほど記事にまとめます。

・ブレッドボード
回路というのは基本的に基板にはんだづけして作りますが、いきなり基板にはんだづけして作ってしまってはもしも回路設計にミスがあった場合の修復が難しくなります。そこで、ブレッドボードと呼ばれるものを使います。こちらは抜き差しできる基板だと思ってもらって結構です。穴が開いていて、縦や横に穴が導通しているのでそれによりブレッドボード上に回路を組むことが出来ます。まずは700円のこちらのサイズを買っておけば大丈夫でしょう。また、これだけでは部品間の接続がやりづらいのでこちらのようなジャンパ線を買っておくといいでしょう。詳しい使い方はまた後ほど記事にまとめます。

・ニッパー
部品の足や導線などを切る際に使いますね。100円ショップで買ってもいいですが、切れ味が悪く使いづらいのでせめて500円ぐらい出すといいかと思います。秋葉の色んなとこで売ってるので適当に持ちやすそうなのを買うといいでしょう。

・ラジオペンチ
足を曲げたり部品をつかんだりといった用途に使いますね。こっちは100円ショップで買っても問題ないかと思います。

・ドライバー
部品や基板の固定などに使いますね。100円ショップのもので十分でしょう。

既におうちに基本的な工作環境があるならば下の3つだけすでにおうちにあるかと思います。自分はこれらに加えて安定化電源やオシロスコープや電動ドリルドライバーなどがお家にありますがそれらは慣れてから買えば大丈夫です。

重要なこと書き忘れていたので追記。
また、消耗品としてはんだやスズメッキ線がないと何もできないです。

・はんだ
はんだは基板に部品を固定したり、まあ他にも色々部品や基板の接合に使います。はんだは線になっていて、一番重要になってくる指標は”太さ”です。細いはんだ太いはんだとありますが、サイズの合わないはんだは使いづらいったらありゃしないです。とりあえず、最初は太さ1mm辺りのを買うのをおすすめします。また、はんだの販売形態も色々あります。こんな感じに→千石電商のはんだ一覧。ペン型の外装に丸められて入ってるもの、ボビンに巻いてあるものなどがポピュラーですね。まずはペン型の外装に入っているものをおすすめします、安いし。慣れてきたらボビンに巻いてあるのを300gとか買えばいいんじゃないですかね。100gあれば一年は持つと思います。

・スズメッキ線
スズメッキ線は部品を基板に配置した時に、部品間の配線をするために使います。これまた線なので太さが重要になってきます。色々ありますが、まずは0.5mm辺りのを10m買うといいでしょう。

さて、まあここらへんを全部一から揃えても5000円程度ですね、学生ならお年玉で十分買えるでしょう。でーすーがーこれだけあっても何もできません、そう、作るものがないじゃないですか!!!ということで、さらに作るものを買う必要がでてきます。
まずははんだづけの練習も兼ねて電子工作初心者向けのキットを買うといいでしょう。キットというのは、基板に部品をさしてはんだづけするだけで動くようになっているもので、自分ははんだづけ練習用のものだと思っています。キットは秋月が最強ですね、色々なものが揃っています。時計関連が個人的にはおすすめです。大抵の場合電源がついてないので、電源電圧にあわせた電池ボックスを一緒に買って乾電池で動作させるといいでしょう。乾電池1つあたりの電圧は1.5Vなので、必要な電源電圧にあわせた本数電池ボックスを選びましょう。リード線つきのものがなく、このようなバッテリースナップタイプのものしかなかった場合は一緒にこちらのバッテリースナップを買いましょう。

ここまで買って全部で7000円程度ですかね。今後かかっていくお金についてはあなたの作るもの次第です。
長くなってしまいましたね、今回はここらへんで閉めさせてもらいます。少しでも参考になれば幸いです。次は全ての要となるハンダ付けについて動画付きで解説したいと思っています。
一応、今後の予定を書いておきます。
第一回 必要なもの(今回)
第二回 はんだづけのやり方
第三回 LEDの点灯で学ぶブレッドボードとテスターの使い方
第四回 スイッチとトランジスタでLEDを制御
第五回 タイマーICでLEDを点滅
一応こんな感じにやる予定ですが第五回以降はどうするかまだ未定って感じですね。
では、また今度。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おぺら

Author:おぺら
強電から弱電まで狭く浅くやっています。
強電:コイルガン(充電&発射部)、テスラコイル
弱電:コイルガン(制御)、鉄道模型版PRC&CTC、マルチコプター

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる