テスラコイル動作動画

こんばんは、Operaです。

======宣伝======
自分の通っている都立産技高専品川キャンパスにて11/2,3(土日)に文化祭が開催されます。そこでテスラコイルとコイルガンの展示を予定しています。自分は両日共午後に電気通信部のブースにいるかと思います。電気通信部でチビデブなのは私だけなのですぐに分かるかと思います。校内に入るときにパンフレットがもらえるので、パンフデザインがクソじゃないならきっとそれを見ればたどり着けるでしょう。電気通信部ではまた、無料電子工作体験ということで簡単な回路をプリント基板にはんだづけする体験もやっています。他にも色々な部活や研究室が展示してるので、自分のブログ記事に興味があるような方でしたら面白いと思います。もし良かったらお越しください。※注意:飯は屋台で食べるより徒歩3分にあるイオンのフードコートででも食べたほうが賢いかと思いまsおいなにをするやめろあjgぱ;うぇ

まあそんな表向きのことはどうでもいい展示側の自分は展示物が完成しなくて文化祭まで二週間を切って死んでいます。今回何が死んでいるって鉄研で制御システムと電通部でテスラコイルを出さないといけなくてクッソ忙しいんですよ。今までやってなかったツケでもあるんですが・・・。まあ、毎日日付超えるまで作業すればきっと終わるよね(ニッコリ)。
何が死んでるってもう疲れで色々ぶっ飛んでるんですよね。前回の記事で
>これならクラストップもいけるかもしれません。トップに立ったらいい加減ガキみたいに騒ぐのやめて真面目になりましょうかね。
なんて書いたんですが、見事クラストップになれたものの全く変わっておりません相変わらずヘラヘラして騒いでるクソキモオタデブのままなんです。今日の実験実習なんてひどかったですねー。オシロスコープの使い方を実験を通して学んだんですが、「このオシロ持って帰りたいな」「そうだねー」なんて話してて何故か天からネタが降ってきて「盗んだオシロで測りだすwwwwwww」とか歌ってました。自分で考えたんですが実は既出ネタだったようですね、世の中バカがいるものです。まあそんなこんなで勉強の結果が出ようが出まいが日常生活の態度というのはなかなか変わらないものです。前から少しは真面目に振る舞おうと思っているんですが、見事にできていません。別にこの性格で誰かに迷惑をかけているわけでもないし、わざわざ変える必要もないかなとも思っているんですがおっとくだらない前置きが長引いてしまったそろそろ本題へ。

テスラコイルの動作動画を撮ってきたので上げます。



いやあ、このコイルはサノさんから頂いたものですがなかなか優秀で自分でコイルを巻く気になりません。今テスラコイル用に手元にVU50の塩ビ管があるんですが、これにコイル巻いてもこのコイルよりは放電しないだろうし、いっそのこと文化祭まではこのもらいもんのコイルでやっちゃおうかなって思っています。全部自作では出せないのが残念ですが、まあしょうがないです時間もないしコイルなんて巻いてる暇あったらはんだづけします。あと、前回の記事で
>ちなみに、このボウル2つ買っていたのでもう一つ重ねて一般的なトロイドのように球型にしたら放電距離が6cmほどに縮んだ不思議。
と書きましたが、動画のように二つのボウルをずらしてつけてみたらうまいこと放電しました。どういうわけなんでしょうね。
とりあえず、今週中に倍電圧整流回路を組んで入力をDC282Vとして再び実験してみたいと思います。そうすれば放電距離15cm超えもあるかもしれないですね。

あと、SSTCの目玉機能と言ったらなんといっても音楽演奏でしょう(?)。自分もMIDIで演奏したいと思ったので、金魚氏の公開しているMIDIインタラプタを使わせてもらうことにしました。こちらがその回路です。

1380771802014.jpg

マイコンとクリスタルがありませんが今はつけてあります。ただ、こいつを使うのに結構苦労していましてね。信号のデコードにはAVRマイコンを使っているのですが、自分がAVRを使ったことがなかったため色々と無駄なことをしたりしました。まずはライターを持ってる人がなかなか見つからないし、先輩が持ってたから借りて使ってみようと思ったら環境構築うまくいかないしできたと思ったらうまく動かないし原因を調べたみたらどうやらAVRマイコンというのはhexを書き込むだけでなくヒューズ設定というものをしなきゃいけないということがわかってそれをネットの情報を頼りに試してみたら手元のATTiny2313のヒューズを全て変なの書き込んで使えなくしちゃいましたチャンチャンっていうオチ。マイコンを新しく買ってきてからまた再チャレンジする予定です。さすがに音楽演奏までは漕ぎ着けたいので動かしたいところですね。

まあということで、次は倍電圧整流したDC282Vを入力したオーディオSSTCの動画でもあげられたらいいなと思います。
では、また今度。もし忙しかったら文化祭終わるまで記事も上げられないかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> はじめまして。、SSTCのMIDIインタラプタについて情報をいただきたくてメールをしました。
>
> SSTCの製作をして、スティーブ氏のインタラプタを繋げてみて放電制御の第一歩、までやってみました。MIDIインタラプタも製作してみたいのですが、もしよろしければ設計の仕方や、プログラムの書き方などを教えていただきたいです。

MIDIインタラプタについてですが、僕は金魚さん(
http://kingyonull.blogspot.jp/2013/09/midi-v21.html)の公開しているものを参考にさせてもらい、そのままの回路図及びプログラムで作成しました。
基本的にはそのまま作れば大丈夫ですが、AVRマイコンを利用しているのでそこの書き込みだけ面倒だった記憶があります。
AVRライターは秋葉原のAitendoで1000円未満で売っているのでそれを利用するとお手軽でしょう。
プロフィール

おぺら

Author:おぺら
強電から弱電まで狭く浅くやっています。
強電:コイルガン(充電&発射部)、テスラコイル
弱電:コイルガン(制御)、鉄道模型版PRC&CTC、マルチコプター
最近はエンジン回して遊んでいます。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる