スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休みのない夏休み

こんばんは、Operaです。
うちの学校は特殊(笑)なので現在僕は絶賛夏休み中です。とはいえ、色々あって結局夏休み始まって以来週4,5のペースで学校に行っていますが...まあ大抵午後からなので朝の殺人的なラッシュに巻き込まれないだけ10^3倍ぐらいマシでしょう。

本日も例のごとく前置きのメイン化。この間家族旅行で千葉の某海水浴場に行ったんですが、千葉の海というのはなかなかきれいなもんですね。いくつかお写真を。

DSC_0543.jpg

岩場多し

DSC_0545.jpg

海水溜まり、底が透けて見えて美しい。

DSC_0544.jpg

岩場で定位置を確保しぼーっとするたそがれる。波の動きを見ていると時間の流れを忘れますね、ちなみに日焼け止めも忘れました。
海入って泳いだわけでもなく、横っちょで海見てただけでしたが焼けましたね、足にビーチサンダル跡ができてるのには笑うしかない。

これまた千葉なのですが、東京近郊区間を使った大回り乗車なんかもやりました。房総半島一周企画ということで、内房線外房線をフル活用しました。川崎の某駅を出発し、気付けば千葉駅に。

DSC_0593.jpg

一人旅の友、りんかるくん。男が一人でぬいぐるみ持って写真撮ってる姿滑稽だろうなぁ...

DSC_0598.jpg

直通列車はここまで、君津駅で乗り換え待ち。

DSC_0600.jpg

内房線に乗ること数時間、終着安房鴨川駅に到着。次の外房線は...一時間後。

DSC_0601.jpg

夢のボックスシート占領。以前友人らと京急線で三浦半島に行った時もやりましたが、一人で占領するのはまた格別。

DSC_0602.jpg

選ばれる、旨み。

DSC_0603.jpg

千葉まで行ってはルール違反(同じ駅を複数回通ってはいけない)なので大網にて乗り換え。ここからは色々乗り換えて我孫子経由したり武蔵野線使ったりしておうちに帰りました。ちなみに改札入場時間が9:11→改札出場時間が20:56という。ほぼ12時間使い一日を潰した旅でした。
実は日帰りとはいえ一日を使った一人旅というのはこれが初めてで、最初は不安もありましたがまあなんとかなったなぁと。無計画に飛び出したため、いくつかトラブルもありましたが他人に迷惑をかける心配をしなくてもいいのもメリットの一つかなと思います。他人といることはいくら気の知れた相手でも楽しさと同時に制約がつきますからね、たまには何にも縛られずに動いてみるのもまた一興です。


さて、本題のMake活動についてはテスラコイルに進捗があり、ZCSインバータとしての動作を確認しました。というのも、制御回路内のロジックに設計ミスがあったんですわ。まあ通りで動かないわけです、下手にSteve氏の回路を引用して思考が停止していたことにより気づきませんでした。

1410066421800.jpg

ということでNOTを増設、元々GDTドライブ用に作った増設基板の端っこにつけてみる。

1410076520215.jpg

ZCSインバータとしての試験稼働には成功しましたが適当にドライブしてたらヒューズが逝きました。このサイズのヒューズになると飛ぶときの光が部品飛んだのかと思ってしまって怖い...

1410080471457.jpg

完成形(仮)。ちゃんと周波数測ってなかったんで放電はまた今度にお預け。
そういえば、DRSSTCは一次からフィードバックをしてコイルのインダクタンスを可変にすることで二次の共振周波数に合わせるようなことをしていましたが二次フィードバックのほうがいいんじゃないかなんて話が出ていますね。どうもそこら辺の話の理屈が理解できないというか理解しようとしないので学校の先生に聞きたいところです。
なかなかテスラコイルは規模が規模なので一日フリーな日がないといじる気になれず、そういう日が何故か土日ぐらいしかないので進みませんね。再来週になれば学校関連が一旦落ち着くから平日もフリーなはず...

その点プログラムをゴリゴリするクアッドコプター開発は数時間でもできるので進みますね、送信機やら受信機やらのプログラムを書いています。今までプログラムというのには苦手意識、というか好きになれないといった感情がありましたがそんなものはどこへやら寝る前にちょくちょく書いています。いまいち理解できなかった部分も最近理解できるようになり、思い通りのプログラムを組めるようになってきました。

1410176749287.jpg

送信機と機体側の受信マイコンをいじいじ。スティックの状態を送ったりぐらいまではできるようになりました。

最近はmbedにも興味あり、クアッドコプターの制御にはmbed互換であるSTM32 Nucleo Boardを使おうかと思っています。演算能力に長けていますね、使うことにしたのはSTM32F401ですが、決め手は単精度浮動小数点演算機搭載でした。クアッドコプターの制御には不可欠だと思いますのでね。
まだ実装はしていませんが、飛行機体との無線通信ということで通信エラーに対する対策というのは不可欠ですね、これがズレるとデータの受信時にデータの格納される位置がズレて間違った内容を受信することになってしまいます。ノーコン=死である飛行機体では絶対にあってはありません。安全面をより一層考えた設計ということで、慎重な制御が要求されます。まあなんというか思っていたよりも大変。
こちらは僕一人で動いてるわけでもなく、共同プロジェクトとして動いているので9月中には自分の担当箇所を終わらせたいです。納期、大事。

今日はここらへんで、最近日記調になっていてろくに製作報告できてない気がする...
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おぺら

Author:おぺら
強電から弱電まで狭く浅くやっています。
強電:コイルガン(充電&発射部)、テスラコイル
弱電:コイルガン(制御)、鉄道模型版PRC&CTC、マルチコプター
最近はエンジン回して遊んでいます。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。