トランペッター 1/35 KV-2のRC化その2 ~回路+送信機編~

 こんばんは、Operaです。

 そろそろRC KV-2計画も進んだしブログ書くかーって思ったら前回の記事から2ヶ月経ってるんですね。
前回記事

 受験終わってから2ヶ月ぐらいで片付けるかーって思ってたら使おうと思ってた基板加工機の不調やら思っていたよりもめちゃくちゃ面倒な可動化改造とかそもそもモチベ不足で時間を投じてないとかで思いの外息の長いネタになっています。
ここ二ヶ月でなんとか回路と足回りを作ってたんですが2つ同時に紹介すると長くなりそうだったのでまず回路の話を記事にします。
 あと、何かの間違いで戦車プラモデルラジコン化のネタに釣られてこのページを見た人には申し訳ないのですが電装関連は電子工作ド素人がちょっと勉強すれば使えるレベルからは程遠い技術を使っているので他の可動化改造あたりの記事を見てください。

 では回路について紹介していきましょう。
まず、KV-2の回路についてですがラジコンを作るからには送信側と受信側の2つの回路が必要です。
普通、ラジコンを作るとなるとまず送信側で各スティックやスイッチの状態を符号化してそれを無線モジュールにブチ込んでシリアルで送信してーなんてやりますが(クアッドコプターではそれでした)、今回はその辺をサボるためにTWE-Liteの目玉機能であるデジタル・アナログ信号の直接通信を用いて送信機側にはマイコンを載っけないことにしました。
ただこういうことをやると入出力の数だけ車体側のマイコンのI/Oがジワジワ削られていくのでその点は余裕がなければシリアル通信一択ですね。
ちなみに今回は一応情報を双方向通信するので狭義には送信側と受信側というのは間違ってたりします。
 まあ細かいことは置いといてこのうち受信側、つまり車体に載っけて通信したりモーター動かしたりする方はフリーの回路CADであるKiCad(ここ布教)で設計してたりしたんですが、学校の基板加工機の調子が悪くってまだ作れてないです。
回路自体はこんな感じ。

スクリーンショット aa 

内部がクソみたいに狭いので基板を3階建てにして、上が制御基板、真ん中がモータードライブ基板、一番下は拡張基板にする予定です。
拡張基板はユニ基で作る予定なんで別として画像のは上が制御基板、下がモータードライブ基板です。
今回初めて両面基板というのを設計しましたが随分と頭を使いますね、多分今回の回路ももっと工夫の余地があるのだと思いますがサイズ的には要求レベルに収まったのでこれで良しとします。
基板の階層化についてはArduinoのシールドのようにピンヘッダで積み重ねられるようになっています。時代を読んだ設計ですね(自画自賛)。
 あとはこれを基板加工機で作って部品を貼っつけるだけなんですがその部品が小型化のために表面実装ばっかなんでこれまた面倒そうです。

 さて、要するに受信側はまだ未完なので次は送信側の話に移りますが、こちらは既に完成しています。
というのも、冒頭で書いたとおりTWE-Liteにはデジタル信号とアナログ信号をそのまま送信する機能があるので、送信機にはマイコンも載っけず(狭義にはTWE-Liteもマイコンですが)ただ可変抵抗やスイッチ、LEDをTWE-Liteにつなげるだけの手抜き仕様なのです。

送信機と言うからにはちゃんと人間が持ちやすい形のもんを作らないといけないのでそこが結構面倒ですが、なんと今回はフタバの4ch送信機を学校のゴミ箱でゴニョゴニョしたのでそれをそのまま使いました。

DSC_0007.jpg 

ちなみにちゃんとエタノールを染み込ませた布で拭いたので出処はアレですが綺麗ですよ?
エタノールはジャンカツの基本です。
タダで拾ってきたとはいえしっかりした大人向けのもんなんで操作性は抜群です。

裏面はこんな感じ。

DSC_0002.jpg 

電池ボックスがあるのはいいんですが蓋が無かったので適当にアクリル板を切り抜いて作りました。3V駆動なのでスペースが余り物足りなさを感じますがこれでOKです。

DSC_0003.jpg

車体のライトを点灯したり主砲を撃ったりしたいので左右にLRボタン的なスイッチを取り付けました。これで立派な6chプロポですね。

DSC_0005.jpg

内部はこんな感じ。基板は裏面しか見えませんがTWE-Liteとコネクタがついてるだけです。

DSC_0006.jpg

全点灯するとカッコいい(こなみ)。ちなみに青が電源投入状態、白がライトの点灯状態、緑が射撃可能状態を示しています。

 まあこんな感じですね、回路的にはまだメインである表面実装のオンパレードな受信側の回路が全くできてないのでまだまだやること山盛りです。
当然プログラムもちょこっとしか書いてないので先が危ぶまれますね。
同時並行で作ってた足回りのほうもほぼ完成してるのでそっちの記事も近いうちに上げたいと思います。
ではまた今度。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おぺら

Author:おぺら
強電から弱電まで狭く浅くやっています。
強電:コイルガン(充電&発射部)、テスラコイル
弱電:コイルガン(制御)、鉄道模型版PRC&CTC、マルチコプター

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる