スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランペッター 1/35 KV-2のRC化その4 ~足回り編その2~

こんばんは、Operaです。
最近は夏休みなんで作業時間をゆったり取れて幸せです。卒業研究の中間発表が迫っていること以外についてはスローライフでつい3ヶ月前に胃薬飲みながら受験勉強してたのが信じられないです。

今回もまたまたKV-2シリーズです。

かこのみちすじ

今回は前回記事を書いてたら意外と長くなっちゃったから分割した分の後半です。誘導輪と起動輪の可動化について書きたいと思います。

まずは起動輪について。起動輪はギアボックスからの六角シャフトを直結し、そこから履帯を動かす結構とっても大事な部品です。
ですので、これの固定には六角ナットを用いて取り外し可能にしつつ強力に止められるようにしました。
構造としては、

DSC_0011.jpg

このようにギアボックス側にプラスチックの軸があり、更にその中に六角シャフトが通っており、

DSC_0151.jpg 

こんな感じでプラスチックの軸を起動輪の穴に入れてそこから六角シャフトが出てくる感じです。真ん中に飛び出ている分がプラスチックの軸ですね。

DSC_0155.jpg

そこに六角ナットをつけて

DSC_0156.jpg

起動輪の側面に六角ナットを固定するイモネジ用の穴をあけて

DSC_0159.jpg

あとは六角ナットと起動輪の周りにパテをぶち撒けて

DSC_0157.jpg

乾燥を待ってから蓋をして完成☆ね、簡単でしょ?(雑)

まあこんな感じでもちゃんとシャフトに対して垂直に起動輪を固定できたんで良かったです。実際原理的にも六角ナットの底面を起動輪の底面に密着させたまま固定できれば自動的にそこは調整できるんで簡単に精度を出せてイイ感じです。

次に誘導輪です。こっちは色々試したりして最終的には簡単な方法でできたのですがそこまでが結構面倒でした。
失敗作を紹介してもどうしようもないのでうまくいったのだけ紹介します。

まず、誘導輪周りというのは誘導輪が履帯のテンショナーの役割をしている(と構造的に推察しただけで正しいかは不明)らしいため他の車輪とは違って少々複雑な構造をしており、軸の位置が変化するようになっています。
実際にはプラモではピストンが固定されているので動きませんが、その分軸がプラスチックの部品についており強度的な問題とか色々あって結局...

DSC_0545_201609142300118cc.jpg

軸の固定部分からボディまで3.5mmの穴をブチ開けてしまいました。テンショナー自体は中央の卵形の部品が本体になっており、その右側に誘導林の軸があり、左奥にシリンダーがあるのでシリンダー内のバネとダンパで履帯のテンションを一定にしてたのかなって(予想)。

DSC_0546.jpg

裏から見るとこんな感じ。

DSC_0017.jpg

で、あとは表と裏から内径3mmのハトメをはめて

DSC_0019.jpg

内側から3mmのネジでネジ止めしておわり。元々の誘導輪にはφ5ぐらいの穴があいており、本当は起動輪のようにプラスチックの軸を入れることになってました。
その軸というのが冒頭既に穴があいていた卵型の部品の穴があいてる部分に垂直についており、そこから切り落とした分をそのまま誘導輪に接着し、その軸にあいている穴の内径がちょうど2.5mmぐらいだったので普通のM3ネジをねじ込んて固定することができました。

DSC_0020.jpg

下から見るとネジが見えてしまいますが強度のために許容しましょう。

また、今日学校にある高級基板加工機で回路の方を作成しました。

DSC_0026.jpg 

上が制御基板、下がモータードライブ基板です。表面はしっかり配線が通してあり配線密度もいい感じなんですが

DSC_0027.jpg

これは慣れの問題か...裏面はあまり使いこなせていない。
両面基板の設計というのは難しいですね、今まで表に部品を置いて裏で配線するのが常識だったのでどうしても両面をフルに使いきることで実装密度を最大にして小型化を狙うのはノウハウが足りない。

そして加工及び発注基板お約束の小ネタ

DSC_0028.jpg

「プラウダのために」
ガルパン劇場版見てたら分かるよね?

まあとりあえず足回りがサス調整待ちの転輪以外できたんで軽く素組みしてみました。

DSC_0033.jpg 

転輪が前にしか入ってないせいでTigerI戦車のような奥ほど履帯が細くなる感じになってしまいました。

DSC_0035.jpg

エンジンのメンテナンスハッチから見えるギアボックスはなかなか良さがありますね。ハッチは固定してしまう予定でしたが気合入れてプラ棒とピアノ線を駆使して開けるようにしたいです。

DSC_0037.jpg

正面カッコイイ!!※KV-2の場合激しい個人差があります
ちなみに塗装色はガルパン劇中に合わせてつや消しホワイトにする予定なんでわりとプラスチックの成型色に近い感じになります。
本当はソ連の冬季迷彩を表現したいのですがエアブラシ初心者がいきなり白塗ったあとに上から薄く黒塗って~みたいなことができるかは分からないのでとりあえずは無難に全面白で済ませたいかなって思います。

とりあえず足回りはなんとなかったのでこれからは砲塔旋回・砲身上下・発射時のリコイルあたりを実装しようと思います。
あとはついに本業である基板のほうができたんでそっちも作ってプログラム組んでいきたいなと。
できれば10月中に最低限車体だけでも動くようにして文化祭にでも出せたらなと思います。
では、また今度。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おぺら

Author:おぺら
強電から弱電まで狭く浅くやっています。
強電:コイルガン(充電&発射部)、テスラコイル
弱電:コイルガン(制御)、鉄道模型版PRC&CTC、マルチコプター
最近はエンジン回して遊んでいます。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。